ローフードは何で体に良いのか?

にんじんジュースで病気知らず!

ローフードは何で体に良いのか?

ローフードという言葉を聞いたことがありますか?

 

加工されていない生の野菜や果物、生肉や生魚を摂取する食事の事です。加熱することで食物の酵素やビタミンやミネラルなどの栄養素は失われてしまうので、効率よく栄養素を摂取するため48度以上では加熱しないようにする食生活を指しています。

 

ローフードは欧米で発案された考え方で、欧米では専門のレストランなどもあり、多くの芸能人がローフードを実践しています。

 

ローフードを取り入れる事によって、生の食べ物に多く含まれている水分や酵素が、新陳代謝を高める作用を果たし、もともと体に備わっている機能が高まるので体に良いと言われています。

 

代謝が悪い状態というのは、すなわち毒を体にためている事を指します。つまり、代謝をするためには酵素が必要で、酵素を体に取り入れるためには生の食べ物を積極的に摂るのが有効であるという事です。

 

そのためダイエットやデトックス効果などがあるとされ、日本でも健康志向の方がローフードを実践しています。

 

ただ、過度にローフードを実践してしまうのは問題があるので気をつけたいところです。

 

生で食べるのが必ずしも良いというわけではなく、加熱することで吸収率の上がる栄養素もあります。ローフードが体に良いとはいえ、偏った食事はやはり体には良くないのです。なんでもやり過ぎては逆に健康を損ねる事にもなりかねません。

 

 

何でも程ほどに、適度に取り入れるのが賢い選択ですよね。まずはお手軽に、朝、生野菜ジュースを飲むことから始めてみてはいかがでしょうか?

 

冷凍人参ジュースのお取り寄せについての記事です。参考にして下さい。

 

広告

 

ローフードは何で体に良いのか?関連ページ

オーガニック野菜とは何ですか?
オーガニック野菜とは何でしょうか?
冷凍にんじんジュースのお取り寄せ
おすすめ!便利!冷凍にんじんジュースのお取り寄せ
にんじんの絞りかすを有効に使う
にんじんジュースを作る時に出る、絞りかす。かすと言っても捨てるにはしのびない。できれば有効に使いたい。そこで、スープメーカーを使った有効活用を提案します。
胃腸が弱くて野菜ジュースが苦手な場合
野菜が摂りたい。でも胃腸が弱くて野菜ジュースはちょっと苦手という場合、野菜スープが良いのではないかと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ