野菜ジュースが苦手な時

野菜が摂りたいけど、胃腸が弱くて野菜ジュースが苦手な場合

野菜を摂りたいけど、胃腸が弱くて野菜ジュースが苦手な場合

健康やダイエットの為に、ローフードを取り入れる事はすごく良いことだと思います。

 

私が特に良いと思っているのは、スロー(低速)ジューサーで絞った、酵素たっぷりの野菜ジュースを習慣的に飲むことです。

 

ただし、胃腸が弱くて野菜ジュースはどうも苦手という人もいるんじゃないかなと思います。

 

温かくして飲むのは良いけど、冷たいのは苦手という方の場合、野菜ジュースの変わりに野菜スープを飲むと良いでしょう。

 

野菜ジュースを作るのはジューサーですが、スープメーカーと言って、野菜スープを作る専用の機械があります。

 

有名なところでは、ゼンケンのスープリーズという商品があって、テレビのバラエティ番組なんかでたまに紹介されてますからご存知な方も多いはず。

 


↑こんな機械です。

 

見た目はコーヒーメーカーみたいです。

 

基本的に、材料と水を入れてスイッチを押すだけで、30分後には自動的にスープが出来上がるという機械です。

 

 

ジューサーとの違いですが、

 

  • 絞りかすが出ないので、材料全部を使い切る事ができる。
  • かすが出ないので、片付けも簡単で楽。
  • 野菜を温かくして摂る事ができるので、胃腸が弱い方でもOK。

 

というメリットがあります。

 

反面、ジューサーは材料を切っている時間を除いたら、作るのにあまり時間がかかりませんが、スープメーカーの場合は調理に30分はかかります。ジューサーと比べると、デメリットはこれくらいでしょうか。

 

ジュースにして冷たく飲むか、スープにして温かく飲むかは好みの問題でしょうけどね。私はどちらかと言ったらジュース派なのですが、最近、スープメーカーは絞りかすが出ないので良いなぁと思っています。ジューサーの絞りかすって、捨てる時になんだか罪悪感を感じてしまいますので(笑。

 

広告

 

野菜が摂りたいけど、胃腸が弱くて野菜ジュースが苦手な場合関連ページ

オーガニック野菜とは何ですか?
オーガニック野菜とは何でしょうか?
冷凍にんじんジュースのお取り寄せ
おすすめ!便利!冷凍にんじんジュースのお取り寄せ
ローフードは何で体に良いのか?
にんじんジュース、野菜ジュースなどローフードは何で体に良いのか?
にんじんの絞りかすを有効に使う
にんじんジュースを作る時に出る、絞りかす。かすと言っても捨てるにはしのびない。できれば有効に使いたい。そこで、スープメーカーを使った有効活用を提案します。

ホーム RSS購読 サイトマップ