にんじんジュースとゲルソン療法

ゲルソン療法とは、がんを治療することができる方法として、1930年頃に開発された食事療法です。

 

ゲルソン療法とは、肉食を控えて塩分などもできるだけ控えた上で、カリウムを豊富に含有している野菜を食べ体内の塩分や脂肪分などを体の外に排出していくというものです。塩分や脂肪分は、体内の細胞を酸化させたり免疫力低下させるという原因にもなりえるので、可能な限り排除していくことによって細胞の免疫力を高めてがんの治療を行っていこうという考え方に立脚しています。

 

カリウムを豊富に含んでいるお野菜をたくさん食べると言っても、がんを患っている患者さんなどの場合には沢山の野菜を食べる事は難しいですから、効率よく新鮮な野菜を摂取してさらに細胞の免疫力を高めてくれる酵素を摂取する方法として、野菜ジュースが取り入れられています。

 

野菜にも様々な種類がありますが、新鮮な酵素を摂取することができるという事と、コスト的にもそんなに負担にはならないという意味で、にんじんジュースがおすすめです。ゲルソン療法を実践するにはうってつけの食材だと思います。

 

実際に、ゲルソン療法をがん治療に取り入れていらっしゃる方も沢山いらっしゃいますし、そもそも体の代謝を促すものですから、補助的な意味で実践してみると良いのではないでしょうか?

 

にんじんジュースは抗癌剤治療のように副作用もありませんし、すぐにでも始められます。毎日のにんじんジュースがおすすめです。

 

こちらのサイトも参考にしてください ⇒ ピカイチ野菜くん