生のにんじんを食べるとビタミンCが破壊される?

にんじんにはカロチン、ビタミンA、カリウム、食物繊維などの栄養素が豊富にあり、緑黄色野菜の中では代表格です。しかし生のにんじんにはアスコルビナーゼという酵素は多く含まれており、それはビタミンCを破壊するとされています。にんじんに含まれるビタミンCだけではなく、一緒に調理した食材のビタミンCも破壊するというのです。

 

炒めたり火を通すとアスコルビナーゼの活動を抑える事ができますが、すりおろしたりジュースにする事でより活性化するため、生で食べるのは良くないとも言われています。にんじんを生で使用する際はレモンや酢などの酸を加えることで、ビタミンCを破壊する作用は弱められます。ですから、にんじんジュースを作る時はよくレモンが入っているのです。

 

ただ、にんじんジュースや生でにんじんからビタミンCを摂取したいと思っているわけではないですし、カロチンや酵素などの栄養素は健在ですから、あまり気にしなくても良いのではないでしょうか。そもそもビタミンCを壊すと言ってもその食事の時のビタミンCの話ですから、他のタイミングで摂れていたら何の問題もありません。

 

生のにんじんには多くの栄養素が含まれており、すりおろすことで酵素が活性化され栄養価が上がります。ビタミンやミネラルなどの栄養素を豊富に摂れるので、火を通したにんじんも良いですが生食もおすすめです。

 

ビタミンCの破壊が気になる場合はレモンや酢などを一緒に取ればいいのです。生で食べる事を敬遠せずに是非積極的に取り入れてください。