にんじんジュースを作るなら低速ジューサーがおすすめ!

にんじんジュースを作る際には、低速のジューサーが良いと言われています。

 

どうして低速のジューサーが良いのかというと、低速のジューサーの場合は、にんじんやフルーツの皮と実の部分を分けて必要な栄養素だけを絞り出すことができるので、飲んだ時の口当たりが良いという特徴があります。

 

それから、にんじんジュースというのは新鮮な酵素を摂取するために飲むのですが、一般的なジューサーなどを使ってしまうと熱の働きで酵素が壊されてしまいます。

 

これではせっかくにんじんジュースを飲んでいても、新鮮な酵素を摂取することができなくなってしまいます。低速ジューサーだと熱を持ちませんので酵素が壊れません。

 

低速ジューサーはテレビ番組などでも紹介されていて、とても注目を集めています。一般的なジューサーに比べると高価ですが、一般的な高速ジューサーでは不可能な事でもできてしまいます。低速ジューサーにもいくつかの種類があり、それぞれで特徴が違っていますから、使いやすいものを選ぶと良いと思います。

 

低速ジューサーがあれば、にんじんジュースだけではなく、葉物野菜などを使って青汁を作ったりする事も可能ですし、健康な生活をしていくために本当に役立ってくれます。

 

にんじんなどの野菜に含まれている新鮮な酵素は、熱が加わってしまうと壊されてしまうために、低速ジューサーを使ってゆっくりと絞っていくのが最も良い方法です。

 

ストレーナーの部分やキャップの部分を交換することで口当たりを変える事も可能ですし、野菜や果物の皮の大きさなども変えることが可能ですから、皮を乾燥させてふりかけにする事も可能です。無駄なく野菜を活用できます。